【2017年】フィットの値引き額を解析!最新値引き情報で交渉を有利に

【2017年】フィットの値引き額を解析!最新値引き情報で交渉を有利に

◆フィットを安く手に入れたい時にすべきことは?

【2017年】フィットの値引き額を解析!最新値引き情報で交渉を有利に

引用:wikipedia

 

フィットを今、手に入れたいと思っている方へフィットを賢く手に入れる方法をお届けします。

 

この方法を活用することで数十万円もお得に手に入れられる可能性があるので、ぜひとも終わりまでお読みください。

 

 

 

◆フィット 目標の値引き金額は!?( 更新)

 

フィット 目標の値引き金額 「10万円」

 

現在販売されているフィットは2017年6月にマイナーチェンジをしたものです。

 

マイナーチェンジをした新型が発売されたのがついこの前ですから、大幅な値引きは期待できないでしょう。

 

けれど、フィットについてはもとから値引率は良くない車種なので、マイナーチェンジをする前とそんなに変わらない値引率になっています。

 

前述の値引目標金額を目安に交渉するとよいでしょう。

 

 

◆フィットの大きな値引きを期待することができる時期はいつ?

 

◇1月〜3月・決算期
◇6月〜7月・ボーナス期
◇8月〜9月・中間決算期
◇12月・ボーナス期

 

上記の期間中で最もオススメなのが、ほとんどのディーラーでセールが行われる決算期です。

 

特別な理由ですぐフィットを買わなければいけないというような事情が無いのなら、決算期に購入する計画をたてるのが賢いやり方でしょう。

 

 

◆現実的なフィットの値引き交渉の方法とは?

 

フィットを購入する際の価格交渉の仕方は、ライバル車種との競合が1番です。

 

フィットのライバル車種

  • スズキ…スイフト
  • トヨタ…ヴィッツ
  • マツダ…デミオ
  • 日産…ノート

ライバル車種の見積もりを何台分か貰い、フィットと競合させて目標金額を目指しましょう。

 

 

ライバル車種の見積もりを取るときには、単なる値引交渉のための材料だからと適当に取らずに、ライバル車種は買う気でちゃんと値引き交渉して見積もりを取るようにすることです。

 

フィットの販売員は取引を毎日しているのでライバル車種の相場は把握しているでしょう。

 

商談のプロとも言える販売員に簡単に取った見積もりを見せても交渉用だとバレるでしょう。

 

そうなると交渉も進まなくなる恐れがあるので、ライバル車種の見積もりをちゃんと取ることは大事なことといえます。

 

 

◆フィットを購入した方々の例

 

岩手県在住 50歳男性(2017/7 契約)

 

・本体価格「13G S Honda SENSING」 1,790,640円-
・オプション 50,000円-

 

・本体値引き額 100,000円-
・オプション値引き額 0円-
・下取り額「2008年式ステップワゴン」 200,000円-

 

・合計 1,644,080円-
諸経費込み

 

 

福岡県在住 41歳男性(2017/7 契約)

 

・本体価格「13G L Honda SENSING」 1,653,480円-
・オプション 200,000円-

 

・本体値引き額 100,000円-
・オプション値引き額 50,000円-
・下取り額「2010年式MRワゴン」 150,000円-

 

・合計 1,753,260円-
諸経費込み

 

 

◆この値引き金額で満足ですか?まだまだ!?〇〇に注意!

 

 

購入者の例を見ると、良い金額を出せているように思います。

 

しかし、まだここからさらに値引きが可能だとしたら、どうでしょうか。

 

ここで注意したいのは、"下取り金額"です。

 

この例の下取り金額は相場より10万〜20万円も安い金額なんです!

 

もったいないですし、自分だったら落ち込む金額です。

 

なぜここまで安くなってしまうのか?

 

これは単に営業の利益確保のため。。。ではなく、ディーラーの下取り金額がどうしても安くなる「理由」がありました。

 

次ページにディーラーの"下取り金額"が安くなる「理由」と下取り金額を"増額させる"方法を解説しています。

 

→フィットさらに安く購入したい方はこちらからどうぞ!

【2017年】フィットの値引き額を解析!最新値引き情報で交渉を有利に