【2017年】ホンダフリードを激安購入!値引き方法を知って賢く買い物

【2017年】ホンダフリードを激安購入!値引き方法を知って賢く買い物

最新版、フリード値引きの情報をご紹介します!

【2017年】ホンダフリードを激安購入!値引き方法を知って賢く買い物

引用:wikipedia

 

ホンダで製造・販売中のコンパクトミニバンといえば、フリードです。

 

2016年9月、フルモデルチェンジ。現在は2代目のフリードです。

 

『運転がしやすくて、室内空間が広い。でも小さめがいい』というニーズにぴったりだったため、大人気車種となりました。

 

 

◆フリード『グレードと装備』

 

□グレード

 

「ガソリン車」
B: 1,880,000円-
G: 1,980,000円-
G: Honda SENSING 2,100,000円-

 

「ハイブリッド車」
HYBRID B: 2,256,000円-
HYBRID G Honda SENSING: 2,496,000円-
HYBRID EX: 2,656,000円-

 

□装備

 

B/HYBRID B
(フルオートエアコン・スマートキーシステム)

 

G
(フルオートエアコン・スマートキーシステム・助手席側パワースライドドア・センターテーブル・木目調インパネ)

 

G Honda SENSING/HYBRID G Honda SENSING
(フルオートエアコン・スマートキーシステム・両側パワースライドドア・センターテーブル・木目調インパネ・自動ブレーキ)

 

HYBRID EX
(フルオートエアコン[プラズマクラスター搭載]・スマートキーシステム・両側パワースライドドア・センターテーブル・木目調インパネ・自動ブレーキ・本革巻きステアリング・サイドエアバッグシステム・15インチアルミホイール)

 

 

◆フリードの値引き目標額を見てみましょう!『更新』

 

フリードの値引き目標額「15万円」

 

※本体のみでオプションがない状態の値引き額
※当サイトで独自調査を実施した結果から算出(決算等の特別割引は考慮しない)

 

 

フルモデルチェンジされてからまだそれ程経過していないので、大幅な値引きが期待できない状況です。

 

ですので、同レベルである他車種の見積もりを貰い、競合させて値引きの金額を上げていきましょう。

 

 

フリードと同レベルの車種は『トヨタ シエンタ』です。

 

シエンタは同レベルの車種の中で販売台数トップと、最も強敵と言えます。

 

ホンダのディーラーも意識する車種のようですので、まずシエンタの見積もりを貰い、フリードの見積もり依頼をすれば大幅値引きが期待できます。

 

 

◆フリードを購入した方々の実例

 

・大阪府在住 38歳男性『2017/2 契約』

 

本体価格「G Honda SENSING」 2,100,000円
オプション 200,000円

 

本体値引き額 150,000円
オプション値引き額 50,000円
下取り額「ティーダ:2011年式」 180,000円

 

合計 2,118,720円
諸経費込み

 

 

・福岡県在住 34歳男性『2016/9 契約』

 

本体価格「HYBRID G Honda SENSING」 2,496,000円
オプション 50,000円

 

本体値引き額 50,000円
オプション値引き額 0円
下取り額「モビリオスパイク:2008年式」 100,000円

 

合計 2,544,720円
諸経費込み

 

 

◆値引きを全然してもらえない。では、〇〇〇のポイントをチェックしてください!

 

 

営業さんも利益を追求することが仕事ですので、なかなか思うように値引きをしてもらえないかもしれません。

 

ですが、1点注意してほしいところがあるんです。

 

ズバリ、『下取り額』です。

 

ディーラー下取りは相場よりも安くなってしまうことが非常に多いんです。

 

「結局は、誤魔化されてるんでしょ!」と思うのも当然ですが、そうではなく、ディーラー下取りはどうしても安くなる理由があるんです。

 

でも、その安くなる下取り金額をアップさせる方法があるんです

 

この先のページにディーラーの下取りのからくりと、『下取り額をアップさせる方法』を解説しています。

 

損をしてしまう前に、一度目を通しておくことをおすすめします。

 

→フリードをお得に手に入れる!下取り額のアップ方法はこちら!

【2017年】ホンダフリードを激安購入!値引き方法を知って賢く買い物