【2017年】【シャトルの大幅値引き法】値引き交渉には〇〇をチェック!

【2017年】【シャトルの大幅値引き法】値引き交渉には〇〇をチェック!

シャトル、新車購入時の値引き状況【/更新版】

【2017年】【シャトルの大幅値引き法】値引き交渉には〇〇をチェック!

引用:wikipedia

 

シャトル(SHUTTLE)はホンダが製造・販売しているステーションワゴン型の普通自動車です。

 

前世代まではフィットシャトルの表記でしたが、現在はシャトルと変更されています。

 

 

シャトル、それぞれのグレード/装備

 

・グレード

  • 「G」 1,695,000円
  • 「HYBRID」 1,995,000円
  • 「HYBRID X」 2,195,000円
  • 「HYBRID Z」 2,395,000円

 

・装備
「G」
オート式エアコン、UV遮断フロントガラス

 

「HYBRID」
オート式エアコン(プラズマクラスター搭載)、UV&IR遮断フロントガラス、車両接近時の通報装置付属、スマートキーシステム搭載

 

「HYBRID X」
オート式エアコン(プラズマクラスター搭載)、UV&IR遮断フロントガラス、車両接近時の通報装置付属、スマートキーシステム搭載、LED・ヘッドライト、クルーズコントロール機能、革巻きステアリング、あんしんパッケージ

 

「HYBRID Z」
オート式エアコン(プラズマクラスター搭載、左右独立温度調整)、UV&IR遮断フロントガラス、車両接近時の通報装置付属、スマートキーシステム搭載、LED・ヘッドライト、クルーズコントロール機能、革巻きステアリング、シートヒーター付、ルーフレールパーツ有、あんしんパッケージ

 

 

シャトル、期待できる値引き額はいくら?【/更新版】

 

シャトルの新車で期待できる値引き額は・・・15万円

 

備考
※クルマ本体のみ&オプションは一切付けない場合
※当サイトで行ったリサーチ結果をもとに算出
※決算処分品、訳あり特価品といった類は除外

 

 

シャトルの値引きは、ライバルメーカーの似たスペックのクルマを用いて価格競合させていく方法がお勧めです。

 

似たスペックのクルマの例を挙げると・・・

 

トヨタ・・・プリウスα
トヨタ・・・カローラフィールダー
マツダ・・・アクセラスポーツ
スバル・・・インプレッサスポーツ

 

と、いったクルマで見積もりを用意しておき、シャトルの交渉時に活用してみましょう。

 

 

シャトルを購入した人たちの直近の契約内容

 

契約例(1)埼玉県の男性(36歳)
契約時期:2017年3月

 

(HYBRID)本体価格:1,995,000円
オプション:150,000円

 

本体に対する値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(トヨタ・ヴィッツ 2009年製):80,000円

 

諸経費込み合計:2,049,570円

 

 

契約例(2)宮城県の男性(32歳)
契約時期:2017年2月

 

(HYBRID X)本体価格:2,195,000円
オプション:310,000円

 

本体に対する値引き額:150,000円
オプションの値引き額:150,000円
下取り額(ホンダ・フリード 2012年製):750,000円

 

諸経費込み合計:1,644,570円

 

 

シャトルの値引き交渉で損しないために、絶対に「アレ」をチェックしよう!

 

どちらもまずまずの値引きを得られているように見受けられます。

 

が、当サイトではシャトルは上記価格よりもさらに安く買える可能性が高かった、と判断しています。

 

その根拠といえるのは「下取り額」です。

 

例として紹介した2つの契約では、いずれも下取り額が本来のクルマの価値よりも10万円ほど低い評価を付けられています。

 

つまり、それだけ「損」してしまった、ということです。

 

販売店側が新車の値引き分を強調したかったために下取り額を低くして調整したと誤解されがちですが、それが全ての問題とは言い切れません。

 

というのも、ディーラー下取りが低くなるのは「とある理由」が査定額に大きな影響を及ぼすから。

 

ディーラー下取り時の査定額が安くなってしまう理由、そして「下取り額を堅実にアップさせる方法」について下記のリンク先で解説しています

 

この機会にチェックしておきましょう。

 

 

→ ホンダ・シャトルの新車を可能な限り安く手に入れたい方はこちら

【2017年】【シャトルの大幅値引き法】値引き交渉には〇〇をチェック!