【2017年】CX-5の値引きを大幅に引き出す!CX-5値引き解析

【2017年】CX-5の値引きを大幅に引き出す!CX-5値引き解析

◆CX-5をできるだけ安く購入するためにやっておくべきこと

【2017年】CX-5の値引きを大幅に引き出す!CX-5値引き解析

引用:wikipedia

 

ここでは、これから「CX-5」を契約しようとする人を対象に、値引きを販売店から効率的に引き出す情報を掲載しています。

 

実際に当サイトの情報によって数十万円の値引き額アップに成功した方もいらっしゃるので、あなたも「CX-5」を購入しようと考えているのなら、ぜひ目を通してみてください。

 

◆CX-5の値引き額の目標!()

 

CX-5の値引き額:20万円

 

「CX-5」は、2017年2月にフルモデルチェンジされています。

 

そのフルモデルチェンジからさほど時間も経過していないので、値引きは厳しい状況ではあります。

 

それでも、発売当初よりも値引き額は大きくなりつつあるので、上記の値引き額を得られるようにうまく交渉してみましょう。

 

さらに、オプション品に関する値引きも期待できます。

 

オプション値引きは目安として、20%〜30%ほど得られるように、交渉をすると良いと思います。

 

 

◆CX-5の大幅値引きが期待できる時期はいつ?

  • 1月〜3月 ・・・ 決算期
  • 6月〜7月 ・・・ ボーナス期
  • 8月〜9月 ・・・ 中間決算期
  • 12月 ・・・ ボーナス期

このように4つあるタイミングでは、それぞれ普段よりも大きな値引きを期待できます。

 

その中でも、もっとも大幅な値引きを得やすいのは「決算期」です。

 

なぜかというと、大半のディーラーでは1年を通して一番売上げを必要とする時期のためです。

 

決算期に次いで値引きの幅が大きくなりやすいのは「ボーナス期」となりますが、急ぎで必要ではないのなら、とくに値引きを得やすい「決算期」を狙って契約するようにしてみましょう。

 

 

◆CX-5の値引き交渉はこうしよう!

 

CX-5の値引き交渉には下記のライバル車の見積もりを取っていきましょう。

 

ライバル車

  • トヨタ・ハリアー
  • 日産・エクストレイル
  • スバル・フォレスター
  • 三菱・アウトランダー

 

価格競合に使う「他メーカーのクルマの見積もり」の依頼をする場合、購入予定の「CX-5」と装備品を揃えるなど、購入するかのように丁寧に行なうことが肝心です。

 

あなたがこれから交渉する相手は、クルマの契約を日常的に行なっているプロです。

 

プロの前に、いい加減な内容の見積もり書を使って交渉した場合、「CX-5」の見積もり内容も適当にされてしまいかねません。

 

そうなってしまうと、思うような値引き額は得られなくなるのは間違いありません。

 

満足いく条件で契約を交わすためにも、「他メーカーのクルマの見積もり」作成はきっちり行なうようにしましょう。

 

 

ちなみに、「CX-5」はマツダ車を取り扱う異なる経営会社の販売店同士で価格比較していく方法もオススメです。

 

この場合、「マツダ」「マツダオートザム」「マツダ車を取り扱う中古車販売店や整備工場」といった、マツダ車販売店にて「CX-5」の見積もりを依頼してみて、良い条件を提示してくれた場所で契約を行なうと良いでしょう。

 

 

◆CX-5を実際に購入した方の例

 

◆2017年3月に契約した愛知県在住の39歳男性の場合

 

本体の価格(XD ”LPackage”):\3,299,400
オプション:\100,000

 

本体の値引き額:\200,000
オプションの値引き額:\0
下取り額(BMW X1の2010年式):\520,000

 

諸経費を含めた合計額:\2,781,150

 

 

◆2017年3月に契約した京都府在住の40歳男性の場合

 

本体の価格(XD ”LPackage”):\3,299,400
オプション:\190,000

 

本体の値引き額:\200,000
オプションの値引き額:\50,000
下取り額(ジュークの2011年式):\300,000

 

諸経費を含めた合計額:\3,141,150

 

 

◆納得のいく値引き額を得られましたか?しかし、CX-5はさらなる値引きも可能かもしれません

 

 

「思っていたよりも値引きしてもらった!」などと安易に満足してはいけません。

 

上に挙げた事例ではかなり高額な値引きが行われているように思えますが、実際にはさらなる値引きの余地があるのです。

 

しかもその額は20〜30万円になることも!

 

では、なぜ値引きができるのかといいますと、下取り額にポイントがあるのです。

 

上に挙げた例では、下取り額の見積もりがかなり低くなっています。

 

その理由は、ディーラーの営業担当者が「高い値引き率に見せるために下取り額を低くした」とも思えますが、実際には、ディーラーでの下取り額は低く見積もられるというきちんとした理由があります。

 

以降では、なぜそうなるのか、大幅に下取り額を高くする方法について紹介していますので、チェックしてみてください。

 

→CX-5の値引きを大幅アップしてお得に購入する方法はこちら

【2017年】CX-5の値引きを大幅に引き出す!CX-5値引き解析