【2017年】フレアクロスオーバー値引き交渉の秘訣は?

【2017年】フレアクロスオーバー値引き交渉の秘訣は?

◆フレアクロスオーバー購入時、値引きアップさせるために必要なことって?

【2017年】フレアクロスオーバー値引き交渉の秘訣は?

引用:wikipedia

 

ここでは、これから「フレアクロスオーバー」を購入する人を対象に値引きアップの情報を紹介します。

 

当サイトを見て購入した人のなかには、「数十万円の値引き額アップに成功した」ケースも存在します。

 

お得な価格で契約するためにも、フレアクロスオーバーの交渉前にひととおりチェックしておきましょう。

 

 

◆フレアクロスオーバー、期待できる値引き額はいくら?【更新版】

 

フレアクロスオーバーで期待できる値引き額・・・15万円

 

「フレアクロスオーバー」は、2015年の12月に最新版となるマイナーチェンジが行われました。

 

リリースからそれなりに時間が経過しているため、発売直後よりも大きな値引きが期待できます。

 

加えて、オプション関連の値引きも上乗せできます。

 

内容や総額にもよりますが、オプションの値引き率はおおよそ「20%〜30%」を目標値としておくと良いでしょう。

 

 

◆フレアクロスオーバーをもっとも安く購入できるオススメの時期は?

  • 1月〜3月・・・決算期
  • 6月〜7月・・・ボーナス期
  • 8月〜9月・・・中間決算期
  • 12月・・・ボーナス期

1年のうちでは、フレアクロスオーバーを安く買えるチャンスが4回ありますが、特に大きな値引きを得やすいのは「決算期」です。

 

決算期は全国のディーラーが大々的にセールを行なう時期で、販売する側がもっとも売り上げを必要としているからです。

 

緊急で必要な場合を除き、大きな値引きを得たい場合は「決算期」に購入するように考えておきましょう。

 

 

◆フレアクロスオーバーはどう交渉したら良い?

 

フレアクロスオーバーは、ライバル車と競合させて値引きを得る方法がもっとも無難といえます。

 

ライバル車の例を挙げると・・・

  • ハスラー(スズキ)
  • キャスト(ダイハツ)
  • N-ONE(ホンダ)

これらの車の中から見積もりを得ておき、フレアクロスオーバーの交渉時に活用してみましょう。

 

中でも「フレアクロスオーバー」はスズキ・ハスラーのOEM製品であるため、ハスラーは上記のクルマの中でもとりわけ価格競合に適しています。

 

 

「フレアクロスオーバー」のライバル車の見積もり作成にはコツがあります。

 

何かというと
”ライバル車のグレード、装備 の2点を購入予定の「フレアクロスオーバー」の内容と揃えた上で、ていねいに値引き交渉を行なうこと” です。

 

購入しないと言って見積もりを適当に行ってしまうと、フレアクロスオーバーの販売担当者に「値引きを引き出すために作成しただけの内容」であると見破られてしまうおそれがあります。

 

あなたの本心を見透かされてしまうと値引き交渉にも支障をきたし、思うような金額を提示してもらえないリスクとなりますので、比較用の見積もり作成には充分に注意を払っておきましょう。

 

 

◆フレアクロスオーバーを実際に購入された方の事例

 

例1
契約者・兵庫県在住の47歳男性
契約月・2016年12月

 

(XG)グレード本体:1,338,120円
オプション:280,000円

 

本体に対する値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(ホンダ・フィット 2009年製):110,000円

 

諸経費込み計:1,412,760円

 

 

例2
契約者・秋田県在住の49歳女性
契約月・2016年12月

 

(XG)グレード本体:1,338,120円
オプション:260,000円

 

本体に対する値引き額:100,000円
オプション値引き額:50,000円

 

下取り額(スズキ・ワゴンR 2009年製):120,000円

 

諸経費込み計:1,432,760円

 

 

◆値引き額をさらにアップさせる方法がある! しっかり〇〇を確認しよう

 

 

フレアクロスオーバーの購入例をご覧いただきました。

 

どちらもそれなりに値引きも得られてはいますが、それだけでは満点とはいえません。

 

実際に上の契約例とも、当サイトでは、まだまだ安く手に入れられるチャンスがあったと判断しています。

 

「下取り」の部分を改めてチェックしてみましょう。

 

実は、この金額はより良い条件にしていくことが出来たはずでした。

 

新車購入時に行なう下取りは、不要なクルマの処分と新車納車が同じタイミングで行える便利なサービスといえます。

 

…が、新車をさらに安く買いたい人にとっては、ディーラー下取りは損をしかねない問題に直結する原因にもなり得るのです。

 

その理由は、「ディーラーに依頼する下取りは、車買取り業者が行なう査定よりも、損してしまう可能性がとても高い」ため。

 

「営業マンは下取り額を低く押さえて利益を確保しているのでは?」と疑われたかもしれませんが、それだけが事実ではありません。

 

ディーラー側には、下取り額を低くせざるを得ないワケがあるのです。

 

あなたが新車買い替えを考える場合、「下取り額」についてしっかりチェックをしておかないと、上記の契約例のように損してしまうかも・・・。

 

しかし、解決方法はあるので心配無用です。

 

下記リンクにはディーラー下取りの仕組みの解説に加え、下取り額をアップさせるためのコツを掲載しています。

 

近い将来、新車購入を予定されている人はこの機会にチェックしておきましょう。

 

→ 下取り額を大きく増やして、フレアクロスオーバーの新車をもっと安く買いたい方はこちら

【2017年】フレアクロスオーバー値引き交渉の秘訣は?