【2017年】プレマシーを大幅に値引きしてもらうには必ず〇〇をチェック!

【2017年】プレマシーを大幅に値引きしてもらうには必ず〇〇をチェック!

◆「プレマシー」をできるだけ安く購入するにはどうしたらいい?

【2017年】プレマシーを大幅に値引きしてもらうには必ず〇〇をチェック!

引用:wikipedia

 

マツダ・プレマシーをこれから購入予定の方が知っておくべき、値引きのコツについて最新情報をお知らせします。

 

このコツを知っているかどうかはかなり重要で、何も知らずに契約してしまった場合、数十万円も損してしまうかも・・・。

 

そうならないためにも、この機会に理解しておき、ディーラーとの交渉を進めていきましょう。

 

 

◆マツダ・プレマシー新車購入時に可能な値引き(更新)

 

マツダ・プレマシー、値引き可能な額は・・・350,000円

 

プレマシーは2017年末にて販売が終了するとアナウンスされていることもあり、プレマシーを扱うディーラーでは大きな値引きを得られる可能性が高いです。

 

さらに、オプション品に対する値引きもきちんと交渉を行えば、値引き額の追加も期待できます。

 

組み合わせ内容や総額にもよりますが、オプションに対する値引きの目安はだいたい「20〜30%」と見ておくと良いでしょう。

 

 

プリウスPHV値引き交渉に良いタイミングは?

 

◇1〜3月 決算期
◇6〜7月 ボーナス期
◇8〜9月 中間決算期
◇12月  ボーナス期

 

こちらの時期がお勧めですが、なかでも大きな値引きを期待することができる1〜3月の決算期が狙い目です。

 

決算期にはいずれのディーラーも売り上げを上げたいために、キャンペーンなどの特別割引をしているところが殆どで大幅な値引きを期待することが出来ます。

 

次に良いのはボーナス期、ここでもキャンペーンなどが行われますが、一番の狙い目は1〜3月の決算期と言えるでしょう。

 

 

◆「プレマシー」の値引き交渉、具体的な方法とは?

 

プレマシーで値引きを引き出す交渉は、他社製造の類似スペックのクルマと競合させる方法がもっとも無難です。

 

  • トヨタ・・・ウィッシュ
  • トヨタ・・・アイシス
  • ニッサン・・・ラフェスタ
  • ホンダ・・・フリード

 

と、いったクルマを競合対象として、見積もりを取っておきましょう。

 

上記の中でも、プレマシーのOEM車である「ラフェスタ」は、装備もほとんど同じで、価格で比較する以外で違いを見つけるのは難しいため、特に比較対象としてオススメです。

 

 

なお、比較に用いるクルマの見積もりを取るコツとしては、

 

「あなたが購入するつもりのプレマシーのグレードと、比較対象のクルマとのオプション内容などをできるだけ一致させ、購入予定ではない側もしっかり値引き交渉を行なう」

 

ということを忘れないようにしましょう。

 

購入予定ではない側の見積もりを雑に作成してしまうと、プレマシーを販売しているディーラー担当者に「この見積もりは値引きをうちから引き出すためのデタラメの内容だ」とあなたの本心が見破られてしまうからです。

 

本当に比較をしていると相手に伝わらないことには、思うような値引き額を得られる可能性が低くなってしまいます。

 

値引き額を堅実にアップさせるためにも、比較対象に用いるクルマについても丁寧に交渉し、その後にプレマシーの交渉に臨むようにしてみてください。

 

 

◆マツダ・プレマシー、最近の購入例

 

「20S スカイアクティブ」を契約
兵庫県在住・36歳・男性 
契約時期・2017年1月

 

「20S スカイアクティブ」本体・2,268,000円
オプション品・580,000円

 

車両本体の値引き・300,000円
オプション品の値引き・200,000円

 

トヨタ・エスティマ 2010年製の下取り額・640,000円

 

トータル:1,895,550円(税金など諸経費込み)

 

 

「20S スカイアクティブ」を契約
兵庫県在住・33歳・男性
契約時期・2016年12月

 

「20S スカイアクティブ」本体・2,268,000円
オプション品・200,000円

 

車両本体の値引き・350,000円
オプション品の値引き:0円

 

マツダ・AZワゴン 2010年製の下取り額・130,000円

 

トータル:1,800,450円(税金など諸経費込み)

 

 

◆マツダ・プレマシーはもっと値引きできる! 交渉時の「アレ」に注目しよう

 

 

上記にある2つの実際の購入事例を見てみると、良い値引き内容にも思えます。

 

でも、もっと大きな値引きを受けられた可能性が高い契約でした。

 

どこに問題があるのかというと、「下取り」の部分です。

 

新車購入時の値引き幅を大きくするためにも、下取り査定額で損していないかしっかり目を通しておきましょう。

 

紹介した2つの購入例とも、本来のクルマの価値より低い査定額で手放しています。

 

その額はヘタをすると20万円・・・。

 

新車を手に入れるとき、ディーラーに不要なクルマの下取り依頼をすれば、煩わしい手間が省けて便利です。

 

しかし、「クルマ買取専門業者が行なう査定 > ディーラーによる査定 」となってしまう可能性が高いんです。

 

「ディーラーでの下取りは、新車の値引きを穴埋めするために査定額が落ちる」と思っていませんか?

 

それは間違いで、ディーラーでの下取りは査定を高くできない理由があるのです。

 

しかし、問題ありません。

 

下取り査定額を増やす方法は存在します。

 

当サイトではディーラーによる下取りのカラクリや、下取り査定額を増やすコツを紹介しているのでチェックしてみてください。

 

→ マツダ・プレマシーを最大限安くする方法はこちら

【2017年】プレマシーを大幅に値引きしてもらうには必ず〇〇をチェック!