【2017年】ロードスターは〇〇を使って大幅値引きをしてもらう!

【2017年】ロードスターは〇〇を使って大幅値引きをしてもらう!

◆ロードスターを安く買うために知っておくべきおトク情報

【2017年】ロードスターは〇〇を使って大幅値引きをしてもらう!

引用:wikipedia

 

ここでは、ロードスター購入予定の人を対象に知っておくべきおトクな情報を紹介しています。

 

ページ下には多くの人が知らない「大幅に値引きを得るための方法」を掲載しています。

 

もしも知らないまま契約してしまうと、数十万円も総支払い額に差が出てしまうおそれもあるので、この機会に理解していただければと思います。

 

 

◆ロードスターで可能な値引き額はいくら?(更新)

 

ロードスターの新車、可能な値引き額は・・・¥150,000

 

ロードスターは、2015年時にフルモデルチェンジを行いました。

 

フルモデルチェンジしてからある程度の時間が経過してはいるものの、ロードスターは普通車とは異なり趣味性が強いクルマのため、値引き額を大きく引き出すのは難しい状況といえます。

 

直近の購入者のなかには「値引きは0円」というケースも少なくないため、クルマ本体の値引きをそこそこ得られたならオプションに対する値引き交渉に重点を置くようにしましょう。

 

なお、オプション値引きは20%〜30%程度は得られると考えておくと良いです。

 

 

◆ロードスター購入はどの時期がベスト?

  • 1月〜3月・・・決算期
  • 6月〜7月・・・ボーナス期
  • 8月〜9月・・・中間決算期
  • 12月・・・ボーナス期

このようにロードスターの値引きは上記4つのタイミングにあわせて契約することで大きな値引きが期待できるはずです。

 

1年のうちでもっとも値引きのチャンスがあるのは「決算期」です。

 

6、7、12月にある「ボーナス期」も値引きを得るキッカケにはなりますが、もっとも大きなセールがはじまる「決算期」がより多くの値引きを引き出せます。

 

ということで、とにかく安く手に入れたい場合は「決算期」にあわせて契約することを考えておきましょう。

 

 

◆ロードスターの大幅値引きを得るにはどう交渉したらいい?

 

ロードスターの新車をお得な価格で手に入れたいなら、ライバルメーカーの同じタイプのクルマを比較に用いて交渉を進めていく方法がオススメです。

 

ロードスターと似たタイプのクルマの例を挙げると・・・

  • 86(トヨタ)
  • BRZ(スバル)
  • コペン(ダイハツ)

上記のクルマの見積もりをいくつか得ておき、マツダの販売員に対して値引き交渉を持ちかけてみましょう。

 

 

価格競合を行なうための比較に用いる車の見積り依頼は、注意しておくべきポイントがあります。

 

それは、「購入しない側の車も、丁寧に見積もりをした上で値引き交渉までしっかり行う」こと。

 

ロードスターの値引き交渉で使用する見積りが適当な内容だった場合、「値引きを抑えてもロードスターを購入してくれるに違いない」と販売員は判断してしまうおそれがあるからです。

 

相手に交渉のペースを握られてしまった場合、最終的な値引き額が0円になってしまうかもしれません。

 

ということで、おトクに契約するためにも、購入しない側の車の見積り作成と値引き交渉はしっかり行いましょう。

 

 

他メーカーの車を比較対象にする方法以外にも、「マツダ」「マツダオートザム」といったような、別の会社が経営しているマツダ車の取扱い店で見積もりを複数出し、ロードスター同士を競合させる方法で値引きアップが期待できます。

 

お住まいの地域にロードスターの取扱い店が複数ある場合はチェックしてみましょう。

 

 

◆ロードスターを購入した人の例

 

●例(1)「S Special Package ATタイプ」を契約

 

岡山県在住・男性(55歳)
契約時期・2016年9月

 

「S Special Package ATタイプ」本体・2,808,000円
追加オプション品・280,000円

 

本体に対する値引き・150,000円
オプション品に対する値引き・50,000円
「カムリ」 2010年製、下取り査定額・320,000円

 

2,806,320円(諸経費込みトータル)

 

 

●例(2)「S Special Package MTタイプ」を契約
熊本県在住・男性(49歳)
契約時期・2016年8月

 

「S Special Package MTタイプ」本体・2,700,000円
追加オプション品:320,000円

 

本体に対する値引き・150,000円
オプション品に対する値引き・50,000円
「Z4」2008年製、下取り査定額・450,000円

 

2,605,620円(諸経費込みトータル)

 

 

◆新車の値引き額以上に大切な、??? を確認しておこう

 

 

ロードスターをお得な価格で購入したいなら、ライバルメーカーとの比較をしながらディーラーに値引きを依頼するのが良いのですが、それだけで満足していてはダメです。

 

購入例を2つ挙げましたが、どちらも肝心な点をおろそかにしていたためか、10~20万円程度、割高な契約をしてしまったようです。

 

あなたがクルマを買う際、必ず確認しておくべき箇所は「下取り査定額」です。

 

ディーラーによる下取りサービスは、クルマを新たに手に入れるついでに、不要なクルマを簡単に手放せるメリットがあります。

 

が、クルマ買取専門業者による査定よりも低くなりやすいのがデメリット。

 

「下取り査定を低くするのは、新車値引き分を補いたいのでは?」と思うかもしれませんね。

 

しかし、ディーラーによる下取りはどうしても低い額になる理由があるからなんです。

 

ただし、査定額が低くなる問題には解決方法が存在します。

 

当サイトでは、ディーラー下取りが低い理由や、下取り査定額アップのコツについて解説しているのでぜひ以下を確認してみてください。

 

→ ロードスターをさらに安く手に入れるにはこちら

【2017年】ロードスターは〇〇を使って大幅値引きをしてもらう!