【2017年】メルセデスベンツ Cクラス大幅値引きのコツは〇〇にあり!

【2017年】メルセデスベンツ Cクラス大幅値引きのコツは〇〇にあり!

◆「Cクラス」契約時、価格をできるだけ安くするための情報とは?

【2017年】メルセデスベンツ Cクラス大幅値引きのコツは〇〇にあり!

引用:wikipedia

 

「Cクラスをより安い価格で契約したい」とお考えの方にピッタリの情報を当サイトで紹介しています。

 

この情報を知っておくことで、最大で数10万円の値引きアップが期待できるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

◆Cクラスの値引き目標金額はコチラ (・更新)

 

Cクラスの値引き目標金額は50万円です

 

「Cクラス」の最新モデルは、2017年2月にリリースされたマイナーチェンジ版となります。

 

マイナーチェンジされてあまり時間が経過していませんが、上記の値引きを得られるチャンスがあるのでうまく交渉を進めていきましょう。

 

なお、「Cクラス」は、2018年はモデルチェンジ版が出るだろうと噂されているので、日を追うごとにより多くの値引きを得られる可能性もあります。

 

 

◆「Cクラス」の値引きがより大きくなるタイミングとは?

  • 1月〜3月・・・決算期
  • 6月〜7月・・・ボーナス期
  • 8月〜9月・・・中間決算期
  • 12月・・・ボーナス期

このように、1年のうちで4つの大きなチャンスがあります。その中でも「決算期」はより多くの値引きを得やすい傾向にあります。

 

ただし、「Cクラス」をはじめ、輸入車を扱うディーラーは12月を決算期と設定している場合もあります。チャンスを逃さないために、これから契約を行なうディーラーのセール時期を事前に確認しておきましょう。

 

モデルチェンジ版が出る間際は値引きの増額が期待できるので、次期モデルの情報もあわせてチェックしておきましょう。

 

 

◆「Cクラス」値引き交渉法、具体的にはどうしたらいい?

 

値引き交渉の際のポイントとして、ライバル車種と見積もりを競合させることをオススメします。

 

ライバル車種

  • 『BMW・3シリーズ』
  • 『アウディ・A4』

 

価格競合のために使用する「ライバル車の見積書」ですが、作成時には注意すべきことがあります。

 

それは「ライバル車も購入するかのように、丁寧に値引き交渉を行なう」ということです。

 

これから交渉を行なう相手はクルマの商談を数多くこなしてきた販売のプロです。

 

もしも、ライバル車の見積書を適当に作成してしまうと、販売員に即座にバレてしまうおそれがあります。そうなると、値引きアップのチャンスを逃してしまいかねません。

 

ライバル車の見積書はグレード・装備品といった箇所を丁寧にチェックした上で値引きを交渉していきましょう。

 

 

◆Cクラス購入の実例

 

・福井県の男性50歳 (契約・2016年12月)

 

車両本体価格 C200 アバンギャルド  5,450,000円
オプション  480,000円

 

車両本体値引き価格  300,000円
オプション値引き価格  100,000円
下取り価格 BMW3シリーズ 2014年型  1,200,000円

 

合計価格  4,562,023円諸経費を含む

 

 

・愛知県の男性56歳  (契約・2016年11月)

 

車両本体価格 C200 アバンギャルド  5,450,000円
オプション  660,000円

 

車両本体値引き価格  500,000円
オプション値引き価格  100,000円
下取り価格 Aクラス 2013年型  950,000円

 

合計価格  4,792,023円諸経費を含む

 

 

◆まだまだ値引きができるかも?より安く買える値引き方法とは

 

 

先ほどの実例のお二人はうまく値引きをしてもらえたようで良かったですね。

 

でも、実はこのままでは損をする可能性があるのです。

 

損をしないためにどうすればいいのか、それは『下取り価格』を見て頂きたいのです。

 

この実例では、下取り価格を30万円ほども安くされているようです。

 

「営業さんが値引きをし過ぎたから下取りで利益を得ようとしたのでは?」と考えるかもしれません。

 

けれども、ディーラーの下取り価格が安くなる理由があるんです。

 

次のページでは、「ディーラーの下取り価格が安くなる理由」と「下取り価格を多くする方法」について解説していきます。

 

→Cクラスをより安く買える方法はコチラから

【2017年】メルセデスベンツ Cクラス大幅値引きのコツは〇〇にあり!