【2017年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

【2017年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

◆eKワゴン)、新車購入時の値引き状況【更新版】

【2017年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

引用:wikipedia

 

eKワゴンは三菱自動車が製造、販売している軽トールワゴンです。

 

「いい軽をつくろう」、というプロジェクト名が製品名の由来になっています。

 

初代モデルは2001年にリリースされ、現在のeKワゴンは3代目にあたります。

 

 

◆eKワゴン、それぞれのグレード&装備

 

・グレード

  • 「E」 1,080,000円
  • 「M」 1,196,640
  • 「G」 1,311,120円
  • 「T」【Safety Package】 1,479,600円

 

 

・標準装備
「E」
エアコン(マニュアル駆動)、キーレスエントリー、UV遮断ガラス

 

「M」
エアコン(オート駆動)、キーレスエントリー、IR遮断/99%UV遮断ガラス

 

「G」
エアコン(オート駆動)、キーレスオペレーションシステム、IR遮断/99%UV遮断ガラス、レザー巻きステアリング、マルチアラウンドモニター搭載、オートマチックハイビーム

 

「T」Safety Package
エアコン(オート駆動)、キーレスオペレーションシステム、IRカット/99%UVカットガラス、レザー巻きステアリング、マルチアラウンドモニター搭載、オートマチックハイビーム、オートブレーキ、誤発進抑制機能

 

 

◆eKワゴン、期待できる値引き額はいくら?【更新版】

 

eKワゴンの目標値引き額・・・15万円

 

注意点
※クルマ本体のみ購入 & オプション無しの値
※当サイトで行った独自リサーチをもとに算出(年末セール品、訳あり品などの特価品は除外)

 

eKワゴンの値引き状況は、都市部・地方といった地域差は確認できませんでした。

 

おおよそ同じような結果になるため、あなたのお住まいの場所を気にすることなく、上記の値引き額が引き出せるように交渉を進めていきましょう。

 

 

eKワゴンは、ライバル車と価格を競合させることで値引きが得やすくなります。

 

・ライバル車

  • 日産・・・デイズ
  • ダイハツ・・・ムーヴ
  • ホンダ・・・N-WGN
  • スズキ・・・ワゴン-R

上記の車種の中でも、特にeKワゴンとの競合に適しているのは「日産:デイズ」といえます。

 

というのも、eKワゴン・デイズは、三菱・日産の共同開発によって生まれた経緯がある上、クルマのスペックがほぼ同一なので、価格だけでしか比較できないためです。

 

日産・デイズを扱う販売店で見積もりを依頼し、eKワゴンの交渉時に活用してみましょう。

 

こうすることで、スムーズな交渉が期待できます。

 

 

◆eKワゴンを実際に購入した人の例

 

契約例(1)Eグレード購入
契約時期・2017年1月
契約者・44歳/男性/北海道在住

 

(E)本体価格:1,080,000円
オプション:100,000円

 

車両本体の値引き額:100,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(ワゴンR 2008年製造):50,000円

 

トータル:1,133,660円
※諸経費込み

 

 

契約例(2)Gグレード購入
契約時期・2016年12月
契約者・36歳/男性/神奈川県在住

 

(G)本体価格:1,311,120円
オプション:220,000円

 

車両本体の値引き額:150,000円
オプション値引き額:50,000円

 

下取り額(ノート 2009年製造):80,000円

 

トータル:1,362,780円
※諸経費込み

 

 

◆eKワゴンはさらに安く買える!? そのために〇〇をチェックしよう!

 

 

上記に紹介した契約例ですが、当サイト的にはさらに安く買えるチャンスがあったと判断しています。

 

では、どのあたりに改善の余地があったのでしょう?

 

クルマの相場について詳しい人にはピンと来たかもしれませんが、上記の場合では「下取り額」がもう少し良い条件にできた可能性があります。

 

細かくチェックしてみると、クルマ専門買取業者による査定と比較した場合、10万円ほど低い条件で手放してしまっているようです。

 

下取りに用いたクルマの状態が悪かった可能性もありますが、それを加味しても安いと言わざるをえません。

 

どうしてこのような状況になってしまったのでしょう?

 

それは、ディーラーが行なう下取りは、その性質上、査定額を低くなってしまう理由があるためなんです。

 

しかし、ガッカリすることはありません。安くなりがちな下取り額を、大きくアップさせる解決策は存在します。

 

下記リンクでは、ディーラーでの下取り額が低くなってしまう理由や、下取り額をさらにアップさせるためのコツを掲載しています。

 

eKワゴンの新車を検討されているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

→ eKワゴンの新車を値引き額を大きくアップさせる方法はこちら

【2017年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

関連ページ

パジェロ
RVR