【2018年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

【2018年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

◆安くeKワゴンを買いたい人におすすめの方法

【2018年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

引用:wikipedia

 

人気のeKワゴンを数十万円も安く買うことができる方法を紹介します。

 

実際に試してみたところ見事に値引きに成功したという声も多い方法となっていますので、最後までしっかりとご確認ください。

 

現在販売されているeKワゴンのモデルは、2017年10月のマイナーチェンジが行われた仕様です。

 

 

◆eKワゴン、期待できる値引き額はいくら?【更新版】

 

eKワゴンの目標値引き額・・・15万円

 

現在販売されているeKワゴンのモデルは、2017年10月のマイナーチェンジが行われた仕様です。

 

実際の値引きについては上記の価格まではできることが確認できています。

 

本体と共にオプションについても値引き交渉を進めたいところですが、こちらは10〜20%の値引きができることが確認済です。

 

 

◆eKワゴンの値引きに適した時期

  • 1月〜3月の「決算期」
  • 6月〜7月の「ボーナス期」
  • 8月〜9月の「中間決算期」
  • 12月の「ボーナス期」

eKワゴンの値引きは、これらの時期であれば基本的に値引きを受けられます。

 

その中でも特に大きな値引きを受けられる可能性が高いのが「決算期」です。

 

実はこの時期は、ディーラーが年間を通して最も売上がほしい時期であり、他の時期に比べて大幅な値引きが行われる可能性が高いのです。

 

そのため、あまり値引きが得意ではないという人であっても値引きが受けやすくなります。

 

もしeKワゴンの購入についてこの時期まで待てるということであれば、「決算期」が狙い目の時期であるといえるでしょう。

 

 

◆実際にeKワゴンの値引き交渉をする場合

 

eKワゴンは、ライバル車と価格を競合させることで値引きが得やすくなります。

 

・ライバル車

  • 日産・・・デイズ
  • ダイハツ・・・ムーヴ
  • ホンダ・・・N-WGN
  • スズキ・・・ワゴン-R

上記の車種の中でも、特にeKワゴンとの競合に適しているのは「日産:デイズ」といえます。

 

というのも、eKワゴン・デイズは、三菱・日産の共同開発によって生まれた経緯がある上、クルマのスペックがほぼ同一なので、価格だけでしか比較できないためです。

 

日産・デイズを扱う販売店で見積を依頼し、eKワゴンの交渉時に活用してみましょう。

 

こうすることで、スムーズな交渉が期待できます。

 

 

相見積をとってライバル車と競合させる場合には、以下の点に注意しましょう。

 

・買おうと思っているeKワゴンと同等の装備をライバル車でも選ぶ
・実際にライバル車を買うつもりはなくても値引き交渉までちゃんと行う

 

これらの注意点は、eKワゴンを安く買うために必要な条件となります。

 

というのは、eKワゴンを販売する担当者ともなれば、ほぼ毎日のようにライバル車についての情報を他のお客さんが持参した見積などで確認しています。

 

そのため、適当なライバル車の見積では値引き交渉の材料として利用することはできません。

 

ここでのポイントは、「本当にライバル車かeKワゴンか迷っている」という状況を演出することです。

 

そのため、ライバル車の見積を値引き交渉まで含めてしっかりとしたものを用意することはeKワゴンの見積よりもある意味重要となってくるのです。

 

 

◆eKワゴンを実際に購入した人の例

 

契約例(1)E e-Assist 購入
契約時期・2018年8月
契約者・44歳/男性/北海道在住

 

(E)本体価格:1,109,160円
オプション:100,000円

 

車両本体の値引き額:100,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(ワゴンR 2008年製造):50,000円

 

トータル:1,174,660円
※諸経費込み

 

 

契約例(2)G Safety Package購入
契約時期・2018年6月
契約者・36歳/男性/神奈川県在住

 

(G)本体価格:1,413,720円
オプション:220,000円

 

車両本体の値引き額:150,000円
オプション値引き額:50,000円

 

下取り額(ノート 2009年製造):80,000円

 

トータル:1,462,780円
※諸経費込み

 

 

◆eKワゴンはさらに安く買える!? そのために〇〇をチェックしよう!

 

 

上記に紹介した契約例ですが、当サイト的にはさらに安く買えるチャンスがあったと判断しています。

 

では、どのあたりに改善の余地があったのでしょう?

 

クルマの相場について詳しい人にはピンと来たかもしれませんが、上記の場合では「下取り額」がもう少し良い条件にできた可能性があります。

 

細かくチェックしてみると、クルマ専門買取業者による査定と比較した場合、10万円ほど低い条件で手放してしまっているようです。

 

下取りに用いたクルマの状態が悪かった可能性もありますが、それを加味しても安いと言わざるをえません。

 

どうしてこのような状況になってしまったのでしょう?

 

それは、ディーラーが行なう下取りは、その性質上、査定額を低くなってしまう理由があるためなんです。

 

しかし、ガッカリすることはありません。安くなりがちな下取り額を、大きくアップさせる解決策は存在します。

 

下記リンクでは、ディーラーでの下取り額が低くなってしまう理由や、下取り額をさらにアップさせるためのコツを掲載しています。

 

eKワゴンの新車を検討されているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

→ eKワゴンの新車を値引き額を大きくアップさせる方法はこちら

【2018年】eKワゴンはこうすると安く買える!〇〇を使った値引き交渉術

関連ページ

パジェロ
RVR