【2018年】【パジェロの大幅値引き法】〇〇を使ったかんたん交渉法を紹介!

【2018年】【パジェロの大幅値引き法】〇〇を使ったかんたん交渉法を紹介!

◆安くパジェロを買うための方法とは

【2018年】【パジェロの大幅値引き法】〇〇を使ったかんたん交渉法を紹介!

引用:wikipedia

 

少しでも安くパジェロを購入したい、そう考える人のためにぜひ紹介したい方法がこちらです。

 

この方法を試したところ、パジェロを数十万円も安く買うことができたという人もいます。

 

といっても決して難しい方法ではありませんので、しっかりと確認しておいてください。

 

 

◆パジェロ、期待できる値引き額はいくら?【更新】

 

パジェロで期待できる値引き額は?:30万円

 

現在購入できるパジェロですが、2016年10月のマイナーチェンジを経たモデルです。

 

上記の価格までは値引きができることは既に確認できています。

 

本体と共に忘れずにオプションも値引き交渉を進めたいところですが、こちらは20〜30%前後の値引きができます。

 

 

◆大幅に値引きが受けられる時期とは

  • 1月〜3月・「決算期」
  • 6月〜7月・「ボーナス期」
  • 8月〜9月・「中間決算期」
  • 12月・「ボーナス期」

これらの時期は、いずれもパジェロの値引きが受けられる可能性が高い時期です。

 

その中でも特に大幅の値引きが期待できるのが「決算期」でしょう。

 

この「決算期」は、ディーラーにとって最も売上が必要な時期であり、とにかく売上金額を稼ぐことが大きな目的となります。

 

大きな値引きをしてでも売上をあげたいと考えるディーラーも多いので、あまり値引き交渉が得意ではないという人でも無理なく値引きをしてもらえます。

 

もしもこの時期までパジェロを買うことを待てるのであれば、「決算期」まで待ってみるのもひとつの方法です。

 

 

◆実際にパジェロを値引きしてもらう方法とは

 

値引き交渉では、ライバル車と価格競合させていく方法がもっとも無難といえます。

 

・ライバル車

  • トヨタ・・・ランドクルーザー
  • トヨタ・・・FJクルーザー
  • 日産・・・ムラーノ

と、いった車種で見積もりを用意しておき、パジェロの交渉時に活用してみましょう。

 

 

ライバル車と競合させる場合にはいくつか注意点があります。

 

・パジェロとライバル車とで装備の内容は同等のものを選ぶ
・ライバル車の見積は値引き交渉まで行ったものを用意する

 

ライバル車についての情報は、パジェロの販売員ともなれば価格も含め常に最新のものを把握しています。

 

そのため、適当な見積を用意したとしてもパジェロの販売員との値引き交渉には全く通用しないといえるでしょう。

 

パジェロを安く買いたいということであれば、ライバル車の研究をしっかりと行ったうえで、値引き交渉まで行った見積を用意することが大切です。

 

 

◆パジェロを購入した人たちの直近の契約内容

 

契約例(1)宮城県の男性(37歳)の場合
契約時期・2017年12月

 

GR(ディーゼル)本体価格:3,751,920円
オプション:250,000円

 

本体に対する値引き額:300,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(三菱・パジェロ 2007年製):480,000円

 

諸経費込み合計:3,284,730円

 

 

契約例(2)北海道の男性(55歳)の場合
契約時期・2017年11月

 

VR-U(ディーゼル)本体価格:4,001,400円
オプション:280,000円

 

本体に対する値引き額:300,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(日産・エクストレイル 2008年製):690,000円

 

諸経費込み合計:3,303,110円

 

 

◆値引き額をチェックだけでは損するかも!? 契約前には必ず「アレ」の確認を!

 

 

三菱・パジェロを良い条件で購入するためには、ライバルメーカーのクルマを競合対象として値引き交渉を行なうのがオススメであると上記で説明したとおり。

 

しかし、クルマの本体の値引き交渉だけ注視しているようでは、契約全体では損してしまうおそれがあります。

 

実は、先に紹介した契約例はどちらも「損」をしてしまった残念なケースだったりします。大切な点を見落としていた可能性が高く、実際に20万円以上もパジェロを安く買えるチャンスを逃してしまっています。

 

損してしまった根拠といえる箇所とは「下取り額」です。

 

2つの例とも「ディーラー下取り」を選択していますが、この金額が低すぎたのです。

 

ディーラー下取りは、新車に乗り換えるタイミングで不要になったクルマを処分できる便利なサービスです。

 

しかしながら、中古車専門業者に買い取ってもらう場合よりも金額面でのデメリットがあることを私たちは理解しておく必要があります。

 

「ディーラーは、新車販売時の値引き分をカバーするために下取り評価を抑えている?」と疑われたかもしれませんね。しかし、それは全ての答えとは限りません。

 

ディーラー下取りは高確率で査定額が安くなってしまう「仕組み上の理由」があるのです。

 

でも、下取り額を大きくアップさせるための解決法はあるので大丈夫。

 

ディーラー下取り時、査定額が安くなってしまう理由、さらには下取り査定額を大きくアップさせる秘策について、下記ページで紹介していきます。

 

 

→ 三菱パジェロをできるだけ安く手に入れる方法はこちら

【2018年】【パジェロの大幅値引き法】〇〇を使ったかんたん交渉法を紹介!

関連ページ

eKワゴン
RVR