【リーフを大幅値引きするコツ】〇〇を使った交渉術を公開!

【2017年】【リーフを大幅値引きするコツ】〇〇を使った交渉術を公開!

リーフ、新車購入時の値引き状況【/更新版】

【2017年】【リーフを大幅値引きするコツ】〇〇を使った交渉術を公開!

引用:wikipedia

 

リーフ(LEAF)は、日産自動車が製造、販売している電気自動車(ハッチバック式)です。

 

従来のガソリン車とは異なる静音性や燃費効率のよさに加え、発進性能などが注目されています。

 

 

リーフ、それぞれのグレード/装備

 

・グレード

  • 「S」 2,803,680円
  • 「X」 3,254,040円
  • 「G」 3,624,480円

 

※24kWh駆動用バッテリーを搭載している場合の車両本体価格

 

 

・装備
「S」
自動緊急ブレーキ、走行時の車線逸脱警報、オート式エアコン、革巻きステアリング

 

「X」
自動緊急ブレーキ、走行時の車線逸脱警報、オート式エアコン、革巻きステアリング(ステアリングスイッチ付属)、NissanConnect/ナビゲーションシステム

 

「G」
自動緊急ブレーキ、走行時の車線逸脱警報、オート式エアコン(プラズマクラスター搭載)、革巻きステアリング(ステアリングスイッチ付属)、NissanConnect/ナビゲーションシステム、LEDヘッドランプ、17インチ/アルミホイール

 

※それぞれのグレードで、専用エアロを装着した「エアロスタイル」を選択可

 

 

リーフ、期待できる値引き額はいくら?【/更新版】

 

リーフで期待できる値引き額は・・・10万円

 

備考
※クルマ本体のみ&オプションは一切付けない場合
※当サイトで行ったリサーチ結果をもとに算出
※決算処分品、訳あり特価品といった類は除外

 

 

リーフは電気自動車ということもあり、通常のクルマよりも値引き率は低くなりがちです。

 

そのため、車両本体ではなくオプションに対する値引き交渉に注力しておくことが大切です。

 

 

リーフの値引き交渉では、他社製品の近いスペックのクルマを競合対象としておくのがオススメです。

 

特に競合に適しているのは「トヨタ:プリウスPHV」。この車種で見積もりを用意しておき、リーフの交渉時に活用してみてください。

 

 

リーフを購入した人たちの直近の契約内容

 

契約例(1)宮城県の男性(53歳)
契約時期・2016年12月

 

(S)本体価格:2,803,680円
オプション:350,000円

 

本体に対する値引き額:100,000円
オプションの値引き額:150,000円
下取り額(ニッサン・ノート 2010年製):100,000円

 

諸経費込み合計:2,903,049円

 

 

契約例(2)北海道の男性(48歳)
契約時期・2016年11月

 

(X)本体価格:3,254,040円
オプション:210,000円

 

本体に対する値引き額:100,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(ニッサン・キューブ 2009年製):210,000円

 

諸経費込み合計:3,143,409円

 

 

リーフの値引きはまだまだ可能!? 契約前に忘れずに「〇〇」をチェックしよう

 

上記では実際の契約例を2点紹介していますが、どのように感じましたか?

 

それぞれ可能な値引き額を得られているし、良い内容に見えるかもしれません。

 

が、実はどちらも「リーフの値引きをうまく引き出せなかった失敗例」なんです。

 

その失敗を裏付ける箇所は「下取り額」です。

 

それぞれの「下取り額」は、クルマ買取り専門業者による査定と比較すると、およそ10万円も低い評価を付けられています。

 

「ディーラー側は新車値引きのマイナスを下取り額で調整したのでは?」と誤解をされる人が多いのですが、ディーラー下取りが安くなってしまうのは「別の理由」があるんです。

 

下取り額が低くなってしまう問題は諦めるしかないのでしょうか? ・・・いいえ、当サイトではその解消法を理解しているのでご安心ください。

 

ディーラーの下取り時、査定額がどうしても安くなってしまう理由、さらには低くなりがちな下取り額を大きくアップさせるためのコツについて下記ページで紹介しています。

 

今後、ニッサン・リーフの新車契約を予定されている方はぜひ目を通してみてください。

 

 

→ リーフの新車を良い条件で契約するための方法とは?

【2017年】【リーフを大幅値引きするコツ】〇〇を使った交渉術を公開!