【2017年】フォレスターを安く買う!大幅値引きを引き出す交渉法を紹介

【2017年】フォレスターを安く買う!大幅値引きを引き出す交渉法を紹介

フォレスターをお得に手に入れるためには?

【2017年】フォレスターを安く買う!大幅値引きを引き出す交渉法を紹介

引用:wikipedia

 

フォレスター購入をお考えの方へ、最新値引き情報をお伝えします。

 

こちらの情報を知ることで、知らないときと比べて値引きの金額が数10万円も違ってくることもあります。
ですので、情報を有効的に活用してフォレスターをお得に手に入れましょう。

 

 

フォレスターの目標値引き金額は?(更新)

 

最近のフォレスターの目標値引き金額 → 250,000円

 

今、販売されているフォレスターは2012年からのモデルですが、2017年末〜2018年にフルモデルチェンジがあるという予想があがっています。
フルモデルチェンジ前の今が、値引き交渉をするには最適なときと言えます。

 

なお、フォレスターのオプションは大きな値引きの可能性があるので、こちらの値引き交渉も忘れないようにしましょう。
オプションは3割〜4割の値引きを目安にするといいでしょう。

 

 

フォレスター値引き交渉に良いタイミングは?

 

◇1〜3月 決算期
◇6〜7月 ボーナス期
◇8〜9月 中間決算期
◇12月  ボーナス期

 

こちらの時期がお勧めですが、なかでも大きな値引きを期待することができる1〜3月の決算期が狙い目です。

 

決算期にはいずれのディーラーも売り上げを上げたいために、キャンペーンなどの特別割引をしているところが殆どで大幅な値引きを期待することが出来ます。

 

次に良いのはボーナス期、ここでもキャンペーンなどが行われますが、一番の狙い目は1〜3月の決算期と言えるでしょう。

 

 

上手くいくフォレスターの値引き交渉法は?

 

フォレスター値引き交渉に有効的なのは、ライバルとされる車と価格を競わせることです。

 

【ライバルとされる車】

  • ◇マツダ・CX-5
  • ◇日産・エクストレイル
  • ◇三菱・アウトランダー

こちらの車の見積もりを取るときに注意して頂きたいことですが、購入しようと思っているフォレスターのグレードや装備にできるだけ近いタイプのライバル車を選び、しっかり値引き交渉をしてください。

 

これらライバル車の見積もりを簡単に取るだけだと、フォレスターのディーラーに「このお客様のこの見積もりは取っただけだ」と見抜かれてしまいます。
そうなってしまうと、フォレスターのディーラーに主導権を握られてしまい、少ない値引きで購入させられるかもしれません。

 

ですから、購入しないライバル車の見積もりでも、ちゃんと値引き交渉をした後にフォレスターの値引き交渉に行きましょう。

 

 

そして、スバルの車全般に関しては、交渉の方法のひとつとして同じスバルの車同士で価格の競争をさせることができるんです。

 

その方法は、『経営者が違うスバルの販売店で見積もりを手に入れる』ことなんです。

 

スバルの場合、それぞれの都道府県に基本的にひとつの法人が正規のディーラーを行っています。
だから、近隣の都道府県で見積もりを取れば同じフォレスター同士でも見積もりの価格競争ができます。

 

他に価格競争をさせることが出来るのは、スバルの新車を販売している「中古車販売店」「整備工場」で取ったものです。

 

正規ディーラーや販売店はスバルのHPで検索すると掲載されているので、できるだけたくさん見積もりを取りフォレスターの交渉に行きましょう。

 

 

フォレスター購入者の実例

 

◆千葉県在住 38歳男性 (2017/2:購入)

 

車両本体金額 【2.0XT Eyesight】 \3,128,760
オプション金額  ¥520,000

 

車両本体の値引き金額  ¥250,000
オプションの値引き金額  ¥200,000
下取りの金額 【エクストレイル 2008年型】 ¥230,000

 

合計の金額  ¥3,206,830(諸経費込み)

 

 

◆山形県在住 42歳男性 (2016/9:購入)

 

車両本体金額 【S-Limited】 \2,894,400
オプション金額  ¥480,000

 

車両本体の値引き金額  ¥200,000
オプションの値引き金額  ¥200,000
下取りの金額 【フィット 2011年型】 ¥150,000

 

合計の金額  ¥3,062,470(諸経費込み)

 

 

まだ安くフォレスターを買える?その方法とは

 

 

上記の実例では、車両本体もオプションもしっかり値引きしてもらえたようですね。

 

けれど「まだ値引きができる」と言われたら、どこから値引きができると思いますか?

 

それは、『下取りの金額』なんです。

 

実は、ディーラーでの見積もりでは下取り金額を低く見積もる傾向があります。

 

ディーラーの営業さんが下取りでバランス取ろうとしたのかもしれませんが、ディーラーには下取り金額を低くする理由があるんです。

 

そして、下取りの金額を高くする方法もあります。

 

「ディーラーの下取り金額が低いわけ」と「下取りの金額をもっと高くする方法」は、次のリンク先で解説します。

 

 

→お得にフォレスターを手に入れる方法はコチラから

【2017年】フォレスターを安く買う!大幅値引きを引き出す交渉法を紹介