【2017年】ワゴンRの大幅値引きを引き出す方法

【2017年】ワゴンRの大幅値引きを引き出す方法

ワゴンRをより安く買うにはどうすればいいのか?

【2017年】ワゴンRの大幅値引きを引き出す方法

引用:wikipedia

 

これからワゴンRを購入しようとしている方へ、値引き交渉時に役に立つ情報を提供します。

 

こちらの情報を知っていると知らないでは値引き金額が数十万円ほど変わってしまうことがあるので、ぜひ情報を利用してワゴンRをより安く買ってください。

 

 

ワゴンR・値引き目標値引き金額はどれくらい?(:更新)

 

ワゴンR・値引き目標値引き金額→10万円

 

新型が発売されてから日が経っていないのですが、上記の値引き金額までは値引きが可能なようです。

 

さらに、オプションも追加するつもりなら、オプションの値引き交渉も忘れずにちゃんとすることをオススメします。

 

オプションの値引き交渉の際は、大体二割〜三割が目安となります。

 

 

ワゴンR・値引き交渉のタイミングは?

  • 1月〜3月『決算期』
  • 6月〜7月『ボーナス期』
  • 8月〜9月『中間決算期』
  • 12月  『ボーナス期』

ここのタイミングがオススメなのですが、この中でも最も値引きが大きくなる可能性が高いのは1月〜3月の『決算期』です。

 

決算期にはほとんどのディーラーでは、売り上げを上げようとキャンペーンなどの特別割引をしているので多く値引きをしてもらえるでしょう。

 

次はボーナス期も狙い目で、こちらもキャンペーンなどの特別割引が行われますが、一番はやはり1月〜3月の『決算期』です。

 

 

ワゴンRの実際的な値引き術とは?

 

上手くいくワゴンRの値引き交渉法は、ライバルといわれる車と価格競争させることです。

 

◇ライバルとして適している車

  • ダイハツのムーブ
  • ホンダのN-WGN
  • マツダのフレア

マツダのフレアについては、ワゴンRのOEM車なのでほぼ同じ装備のために、価格のみの競合になります。

 

ですので、交渉は割と楽に進めることができるでしょう。

 

 

これらライバル車の見積もりを取得する際にぜひして欲しいことは、目当てのワゴンRの装備に似た装備のライバル車を選び、実際には購入しなくてもちゃんと値引き交渉をすることです。

 

上記の中からライバル車を選んで見積もりを取得しても、ただ取っただけならディーラーには見抜かれてしまい「ライバル車は買うつもりがないな」とわかってしまいます。

 

そうすると、最少の値引き金額で買わされてしまうかもしれません。

 

購入する気のないライバル車の見積もりであっても、きっちりと交渉をした後にワゴンRの値引き交渉へ行きましょう。

 

 

【実例】ワゴンR購入の方々

 

●福岡県の男性35歳 (契約・2017年3月)

 

車輌本体金額 《FA》 1,078,920円
オプション金額  230,000円

 

車輌本体値引き金額  100,000円
オプション値引き金額  50,000円
下取り金額 《ワゴンR・2012年型》 180,000円

 

合計金額  1,088,640円諸経費を含む

 

 

●三重県の男性45歳 (契約・2017年2月)

 

車輌本体金額 《HYBRID FX》 1,177,200円
オプション金額  280,000円

 

車輌本体値引き金額  100,000円
オプション値引き金額  60,000円
下取り金額 《ライフ・2010年型》 120,000円

 

合計金額  1,268,920円諸経費を含む

 

 

まだまだワゴンRは安く買える?知って得するポイントとは

 

 

実例のお二人は上手く値引きして貰ったようですが、まだ値引きをしてもらえるとしたらどこを見ますか?

 

情報によると、さらに10万から20万円ほどは安くできるはずなんです。

 

注目して欲しいポイント、それは『下取り金額』です。

 

ディーラーでの下取り額は、どのメーカーの車でも安く査定されてしまう可能性があるんです。

 

「担当の営業さんが、値引きを多くしたから下取り額で調整したのでは?」と考えることもできますね。

 

けれども、ディーラーの下取り金額が安くなってしまうのにはそれなりの理由があるんです。

 

ディーラーの下取り金額が安くなってしまう理由と下取り金額をもっと上げる方法は次のページで説明します。

 

もっと下取り金額を高くして、もっとワゴンRを安く購入する方法はコチラから

【2017年】ワゴンRの大幅値引きを引き出す方法