【2018年】カローラアクシオの大幅値引き術/値引き交渉には〇〇をチェック!

【2018年】カローラアクシオの大幅値引き術/値引き交渉には〇〇をチェック!

◆安くカローラアクシオを買いたいならこの方法

【2018年】カローラアクシオの大幅値引き術/値引き交渉には〇〇をチェック!

引用:wikipedia

 

カローラアクシオを安く買いたい、そう考える人にぜひ紹介したい方法があります。

 

実際のこの方法を試した人の中にはおよそ10万円もの値引きを受けることができたという人もいます。

 

この方法を、ぜひカローラアクシオの購入の参考としてください。

 

カローラアクシオ、期待できる値引き額はいくら?【/更新版】

 

カローラアクシオの新車、期待できる値引き額は?・・・20万円

 

カローラアクシオの現行の仕様は2017年10月のマイナーチェンジされた仕様となっています。

 

値引き可能な金額としては上記金額を目標としたいところですので、実際の値引き交渉の際の目安としておいてください。

 

また、オプションについても20〜30%ほど値引きができますのでこちらも忘れずに交渉しましょう。

 

 

◆カローラアクシオの値引きを大幅に受けられる時期

  • 1月〜3月の「決算期」
  • 6月〜7月の「ボーナス期」
  • 8月〜9月の「中間決算期」
  • 12月の「ボーナス期」

上記の時期は大幅値引きを受けられる時期といえますが、中でも特に決算期がおすすめです。

 

ディーラーは決算期ともなれば少しでも販売数が必要な時期であり、値引きを含め様々な方法で販売数を伸ばしたい時期ともいえます。

 

従って、値引きの交渉があまり得意ではない、という人であっても値引きをしてもらいやすい時期といえるでしょう。

 

もしもこの時期までカローラアクシオの購入を待てるということであれば、ぜひこの時期の購入を検討してみてください。

 

 

◆実際のカローラアクシオの値引き交渉の方法

 

ライバル車との競合はカローラアクシオの値引き交渉におすすめの方法です。

 

カローラアクシオのライバル車

  • 日産「ラティオ」
  • ホンダ「グレイス」
  • マツダ「アクセラセダン」

これらのライバル車を競合で利用する際には以下の点に注意が必要です。

 

・カローラアクシオと同じ仕様・装備をライバル車でも設定すること
・ライバル車でも実際の購入時と同じく値引き交渉をしっかりと行うこと

 

カローラアクシオを買うためにライバル車を利用するため、ライバル車の見積を適当な内容としないようにしましょう。

 

というのは、カローラアクシオの販売担当者はほぼ毎日ライバル車の競合見積を見ています。

 

そのため、ライバル車の見積情報については最新のものを持っているということになり、適当なライバル車の見積を見せたとしてもカローラアクシオの値引き交渉には活用できません。

 

カローラアクシオを安く購入するためにも、ライバル車の見積は適当な内容ではなくしっかりとした内容で取ることを考えるようにしましょう。

 

 

カローラアクシオを購入した人たちの直近の契約内容

 

契約例(1)大阪府の男性(57歳)
契約時期・2018年4月

 

(HYBRID G)本体価格:2,298,2402,298,240円
オプション:220,000円

 

本体に対する値引き額:200,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(スバル・レガシィ 2007年製造):210,000円

 

諸経費込み合計:2,143,115円

 

 

契約例(2)大分県の男性(54歳)
契約時期・2018年6月

 

(HYBRID)本体価格:2,073,600円
オプション:120,000円

 

本体に対する値引き額:200,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(トヨタ・クラウンセダン 2008年製造):220,000円

 

諸経費込み合計:1,876,558円

 

 

カローラアクシオの値引きはまだまだアップできる!? ○○次第で契約内容に大きな差が・・・

 

上記に紹介した2つの契約例は、どちらも良い感じの値引き額を得られているようです。

 

契約された2名も、おそらく満足しながら契約をしたとは思います。

 

しかし、カローラアクシオはさらに安く購入できる可能性があった、と当サイトでは判断しています。

 

実際にチェックしてみると、2つの契約ともに重要な点を見落としていたせいか、値引きのチャンスを逃してしまったようです。

 

どのあたりに問題があったのかというと、それは「下取り額」

 

それぞれの下取りは、本来のクルマの価値よりも低い評価を付けられてしまいました。

 

なんと、クルマ買取専門業者の査定と比べると、約10万〜20万円も低い結果に・・・

 

「ディーラーが新車の値引きで損したくなかったから下取りを意図的に下げたのでは?」と誤解をされるかもしれませんが、それが正解ではありません。

 

ディーラー下取りは査定額が低くなる別の理由が大きく影響しているのです。

 

とはいえ、どうせ新車購入をするなら、お得な価格で契約したいですよね?

 

下記ページでは「ディーラー下取りの査定額が低くなる理由」そして「ディーラー下取り時の査定額を大きくアップさせるコツ」を紹介していきます。

 

この機会にチェックしておきましょう。

 

→ カローラアクシオをお得な価格でゲットしたい方はこちら

【2018年】カローラアクシオの大幅値引き術/値引き交渉には〇〇をチェック!