【2017年】ハイエースはこうしたら大幅値引き可能!

【2017年】ハイエースはこうしたら大幅値引き可能!

ハイエースをお安くに手に入れたい方へお届けするお得な情報

【2017年】ハイエースはこうしたら大幅値引き可能!

引用:トヨタHP

 

これからハイエースを買おうと思っている方へ、より多く値引きをしてもらうための方法をお届けします。

 

これらの方法を使って数十万円も得をした方もいらっしゃいますので、ぜひとも読んでみてくださいね。

 

 

ハイエースの目標となる値引き金額とは?(:更新)

 

ハイエースの目標値引き金額⇒40万円

 

現在発売中のハイエースは2015年1月にマイナーチェンジをしたモデルです。

 

2019年の初めにフルモデルチェンジをするとの情報が入っていますので、現行のハイエースの型がいいと思われているのでしたら、今のうちの購入を検討されたほうが良いです。

 

 

ハイエース大幅値引きに良い時期とは?

  • 1月〜3月 決算期
  • 6月〜7月 ボーナス期
  • 8月〜9月 中間決算期
  • 12月 ボーナス期

コチラの中でも一番大幅な値引きが期待できるのは【決算期】です。

 

決算期には売り上げを上げるために多くのディーラーでセールを行っていて、値引合戦が過熱している時だからです。

 

今すぐに必要なのでなく、なるべく安くハイエースを買おうと思っておられるのなら、決算期を待ってから購入するのがいいでしょう。

 

 

ハイエースの実用的な値引交渉法とは?

 

ハイエースの値引交渉の際はつぎにあげるライバル車の見積もりと競合させることです。

 

『ライバル車』

  • 日産・キャラバン

 

ライバル車の見積もりを用意するときに気をつけて欲しいことがあります。

 

それは【「ハイエースの値引き額をつり上げるために取る見積もり」だという考えでライバル車の見積もりを取らないこと】です。

 

ハイエースの営業マンは駆け引きに慣れている人たちです。

 

ただ取っただけの見積もりでは見抜かれてしまい、最も少ない値引き額になるかもしれません。

 

ですので、ライバル車の見積もりを取るときは「買おうと思っているハイエースの装備に合わせたもの」「購入する気持ちでしっかりと値引きの交渉をする」以上を忘れずにちゃんと見積もりを用意しましょう。

 

 

ハイエースを購入された方の実例

 

●大阪府の男性35歳 (契約・2017年3月)

 

車両本体価格【GL】 2,964,109円
オプション価格 320,000円

 

車両本体値引価格 400,000円
オプション値引価格 100,000円
下取り価格【アルファード 2010年型】 1,130,000円

 

合計価格 1,931,296円(諸経費含む)

 

 

●静岡県の男性41歳 (契約・2017年2月)

 

車両本体価格【GL 4WD】 3,268,473円
オプション価格 230,000円

 

車両本体値引価格 300,000円
オプション値引価格 100,000円
下取り価格【セレナ 2008年型】 210,000円

 

合計価格 3,185,560円(諸経費含む)

 

 

まだまだハイエースは安く買える?安く買えるポイントとは

 

 

上の実例ではしっかりと値引きをしてもらえたようにみえますね。

 

けれども、当サイトの判断としては値引はまだまだ可能と思われます。

 

注目すべきポイントは『下取り価格』です。

 

実は、この下取り価格が買い取り業者の相場よりかなり安く見積もられているようです。

 

ディーラーの下取り価格が安くなってしまうのにはそれなりの理由があるのですが、ご存じでしょうか?

 

次は、「ディーラーの下取り価格についての秘密」そして「下取り価格をもっと高くする方法」について解説します。

 

→下取り価格を高くしてハイエースをもっと安く買う方法はコチラから

【2017年】ハイエースはこうしたら大幅値引き可能!