【2017年】【ポルテを格安購入する方法】大幅値引きの秘密は〇〇にあり!

【2017年】【ポルテを格安購入する方法】大幅値引きの秘密は〇〇にあり!

◆ポルテを安く購入するためにするべき事とは?

【2017年】【ポルテを格安購入する方法】大幅値引きの秘密は〇〇にあり!

引用:wikipedia

 

これからポルテの購入をお考えの方に、簡単に大きな値引きを引き出せる手法をお伝えします。

 

この手法を取り入れるだけで数十万円も安くなることも十分にあり得ますので、最後までご覧になってみてください。

 

 

◆「ポルテ」新車購入時の値引き額【・更新版】

 

ポルテ新車購入時の値引き額は?・・・20万円

 

現在のポルテは2016年6月にマイナーチェンジされたモデルです。

 

発売からある程度経過した今であれば、上記目標額はそう難しくなく引き出せるはずです。

 

また、オプション値引きは20〜30%可能ですので、併せて値引き交渉していきましょう。

 

 

◆ポルテの大幅値引き可能な時期は?

  • 1月〜3月:決算期
  • 6月〜7月:ボーナス期
  • 8月〜9月:中間決算期
  • 12月:ボーナス期

この中でも断然大きな値引きが期待できるのは決算期です。

 

この時期はどこのディーラーでも決算セールと題して大々的な拡販を行う時期です。

 

1年で一番車が安く買える時期と言っても間違いではありません。

 

とにかく安くポルテを手に入れたいのであれば、決算期に交渉することが得策と言えます。

 

 

◆ポルテの具体的は値引き交渉法は?

 

ポルテの値引き交渉は、ライバルメーカーの同タイプのクルマとの価格比較がもっともオススメです。

 

・ライバル車

  • トヨタ・・・スペイド
  • 日産・・・キューブ
  • スズキ・・・ソリオ

上記ライバル車の中でもポルテと兄弟車にあたる「スペイド」はポルテとグレード、装備もほぼ同じですので特に競合相手に向いています。

 

お近くにスぺイド取扱店のカローラ店、ネッツ店がある場合は先に見積もりを取っておくと良いでしょう。

 

 

ライバル車の見積もりを取る際の注意点として「欲しいのはポルテだけ。ライバル車の購入は全く考えていない。」と思っていたとしても、ライバル車の見積もりは本気で購入するつもりで取るようにしましょう。

 

ポルテの販売員はライバル車の見積もりは嫌というほど見てきています。

 

適当に取った見積もりを見せたところで「この人はライバル車は買うつもりはない」とバレてしまい、少ない値引きに終わってしまうでしょう。

 

面倒だと思うかもしれませんが、安く買うためにはこのくらいの手間は必要です。

 

 

◆「ポルテ」を実際に購入した方の契約内容

 

例(1)
お住い・福島県 
契約者・男性(31歳)
契約時期・2016年12月

 

グレード(G)本体価格:1,926,720円
オプション:320,000円

 

本体に対する値引き:200,000円
オプションの値引き:100,000円

 

下取り額(スズキ・ワゴンR 2009年製):120,000円

 

トータル:1,978,017円
諸経費込み価格

 

 

例(2)
お住い・愛知県 
契約者・男性(38歳)
契約時期・2016年10月

 

グレード(F)本体価格:1,828,440円
オプション:100,000円

 

本体に対する値引き:200,000円
オプションの値引き:0円

 

下取り額(トヨタ・ポルテ 2009年製):100,000円

 

トータル:1,778,737円
諸経費込み価格

 

 

◆値引き額だけで満足していると損するかも? 契約時は『アレ』をチェックしよう

 

 

直近の契約例を2つ紹介しましたが、あなたはどのように感じましたか?

 

パッと見ると値引き交渉はまずまずの結果ですし、良い契約に映るかもしれません。

 

が、ハッキリ言うと、上記の契約はどちらも損してしまった残念な例なんです。

 

では、どのあたりに問題があったのでしょう?

 

その答えは「下取り額」にあります。

 

クルマの相場に詳しい人であれば気づかれたかもしれませんが、今回例に挙げた「下取り額」は2つとも本来のクルマの価値よりも低くされてしまっています。

 

なんと、中古車買い取り専門業者による査定と比較した場合、その差額はおよそ10万円・・・。

 

「販売員が新車の値引きを大きく見せるために、査定額を意図的に低くしているのでは?」と疑う人もいるかもしれませんが、それが全ての原因とは限りません。

 

もっとも可能性として考えられるのは、ディーラーによる下取りは安くなってしまう構造上の理由があるからです。

 

下取りで損してしまうかもしれない問題について、諦めるしかないのでしょうか?

 

その必要はありません。解決策は存在します。

 

下記リンクではディーラーによる下取り額が安くなってしまう理由、そして下取り額をアップさせるための方法について解説しています。

 

この機会に目を通してみてください。

 

→ 「ポルテ」の新車をよりお得に入手するための方法はこちら

【2017年】【ポルテを格安購入する方法】大幅値引きの秘密は〇〇にあり!