【2017年】プリウスPHVの格安購入値引き術

【2017年】プリウスPHVの格安購入値引き術

プリウスPHVをお得に手に入れるためには?

【2017年】プリウスPHVの格安購入値引き術

引用:wikipedia

 

プリウスPHV購入をお考えの方へ、最新値引き情報をお伝えします。

 

こちらの情報を知ることで、知らないときと比べて値引きの金額が数10万円も違ってくることもあります。

 

ですので、情報を有効的に活用してプリウスPHVをお得に手に入れましょう。

 

 

プリウスPHVの目標値引き金額は?(更新)

 

2017年3月時点でのプリウスPHVの値引き額・・・「50,000円」

 

現在販売されているプリウスPHVは2017年2月にリリースされたばかりの新製品です。加えて、人気のプリウス系最新モデルということもあり、通常のクルマのような値引きは難しいのが現状です。

 

クルマ本体の値引きは難しいので、上記の値を引き出せたあとは、オプションに対する値引き交渉をがんばってみましょう。

 

オプション値引き幅に関しては、総額や組み合わせによって上下しますが、だいたい15〜20%を目安にしておくのが良いでしょう。

 

 

プリウスPHV値引き交渉に良いタイミングは?

 

◇1〜3月 決算期
◇6〜7月 ボーナス期
◇8〜9月 中間決算期
◇12月  ボーナス期

 

こちらの時期がお勧めですが、なかでも大きな値引きを期待することができる1〜3月の決算期が狙い目です。

 

決算期にはいずれのディーラーも売り上げを上げたいために、キャンペーンなどの特別割引をしているところが殆どで大幅な値引きを期待することが出来ます。

 

次に良いのはボーナス期、ここでもキャンペーンなどが行われますが、一番の狙い目は1〜3月の決算期と言えるでしょう。

 

 

プリウスPHVの値引きをスムーズに得るための交渉方法とは?

 

プリウスPHVで値引きを得る際の交渉は、他メーカーの似たタイプの車種と価格競合していく方法が無難です。

 

具体的な名前を挙げると…

 

◇日産・・・ノートe-Power
◇三菱・・・アウトランダーPHEV

 

特に「ノートe-Power」はプリウスPHVとは価格帯は異なりますが、人気の車種のため比較対象にはうってつけといえます。

 

競合の方法は、上記のクルマの見積もりを得ておくだけでOKですが、その際に忘れてはならない点がひとつあります。

 

それは、あなた自身が購入する予定のプリウスPHVのグレード・装備等を調整し、比較に用いるクルマに対しても値引き交渉をきちんと行ないましょう、ということ。

 

交渉を適当に行なってちぐはぐな見積もりを作成してしまうと、プリウスPHVの販売担当者に「本当は他メーカーのクルマは購入する意志はない」と見破られてしまい、プリウスPHVの値引き額が得づらくなってしまうからです。

 

ということで、購入対象ではないクルマに対しても丁寧に価格交渉してから、プリウスPHVの販売員との交渉に臨むようにしましょう。

 

 

なお、他メーカーのクルマを比較対象にするだけでなく、プリウスPHVを扱う複数のディーラーで競わせていく方法でも問題ありません。

 

「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」と、プリウスPHVはトヨタの系列店すべてで取り扱い対象となっているので、それぞれの販売店で値引き交渉を行うことで、値引き額アップも期待できるかもしれません。

 

 

プリウスPHV購入者の実例

 

●岩手県在住 52歳男性 (2017/2:購入)

 

車両本体金額 【A】 \3,807,000
オプション金額  ¥220,000

 

車両本体の値引き金額  ¥50,000
オプションの値引き金額  ¥50,000
下取りの金額 【シャトルハイブリッド 2012年型】 ¥330,000

 

合計の金額  ¥3,805,807(諸経費込み)

 

 

●大阪府在住 49歳男性 (2017/2:購入)

 

車両本体金額 【Sナビパッケージ】 \3,699,000
オプション金額  ¥220,000

 

車両本体の値引き金額  ¥50,000
オプションの値引き金額  ¥150,000
下取りの金額 【ステップワゴン 2010年型】 ¥410,000

 

合計の金額  ¥3,463,927(諸経費込み)

 

 

まだ安くプリウスPHVを買える?その方法とは

 

上記の実例では、車両本体もオプションもしっかり値引きしてもらえたようですね。

 

けれど「まだ値引きができる」と言われたら、どこから値引きができると思いますか?

 

それは、『下取りの金額』なんです。

 

実は、ディーラーでの見積もりでは下取り金額を低く見積もる傾向があります。

 

ディーラーの営業さんが下取りでバランス取ろうとしたのかもしれませんが、ディーラーには下取り金額を低くする理由があるんです。

 

そして、下取りの金額を高くする方法もあります。

 

「ディーラーの下取り金額が低いわけ」と「下取りの金額をもっと高くする方法」は、次のリンク先で解説します。

 

 

→お得にプリウスPHVを手に入れる方法はコチラから

【2017年】プリウスPHVの格安購入値引き術