【2017年】シエンタの値引きを最大限に引き出す方法とは・・・

【2017年】シエンタの値引きを最大限に引き出す方法とは・・・

◆トヨタ・シエンタを可能なかぎり安く入手するために、やっておくべき事とは?

【2017年】シエンタの値引きを最大限に引き出す方法とは・・・

引用:wikipedia

 

ここでは、トヨタ・シエンタを購入する際、できるだけ値引きを得るための情報を紹介しています。

 

当サイトに掲載している情報によって何も知らない場合よりも数十万円も安くなったという方も実際にいらっしゃいます。

 

知っておくと有利に交渉を進めやすくなるので、シエンタを購入する際の参考になさってください。

 

 

◆新型シエンタの値引き相場

 

現在 目標値引き金額 【25万円

 

シエンタは、2015年・7月にフルモデルチェンジされました。

 

フルモデルチェンジ以降、それなりに時間が経過していることもあり、値引きは得やすい良い状況といえます。

 

交渉では上記の目標値引き額を得られれば及第点、と見ておきましょう。

 

さらに、クルマ本体の値引きとは別に、オプションの値引きも期待できます。

 

オプション品の値引き率は、だいたい20%〜30%を目安にしておくと良いでしょう。

 

 

◆トヨタ・シエンタの値引きが幅が特に大きくなるタイミングは?

 

シエンタをできるだけ安く手に入れるコツは、「ディーラー側が売り上げを欲しがる時期」に購入することです。

  • 1月〜3月・・・決算期
  • 6月〜7月・・・ボーナス期
  • 8月〜9月・・・中間決算期
  • 12月・・・ボーナス期

・・・と、1年のうちで4つあるタイミングに合わせておくのが無難です。

 

その中でも「決算期」は、大半のディーラーがキャンペーンを展開しており、売り上げを求めている時期であり、値引き額もより多くなる傾向にあるため、特にオススメです。

 

4つのタイミングはいずれも値引きのチャンスが大きいのですが、値引き額を可能なかぎり大きくしたい人は「決算期」に購入するように準備しておきましょう。

 

 

◆シエンタの値引き交渉はどうしたら良い?

 

シエンタの値引き交渉には以下のライバル車との競合が有効です。

 

シエンタライバル車

  • ホンダ・フリード
  • マツダ・プレマシー

 

シエンタとの価格競合に用いる「ライバル車」の見積もり作成時には下記の3点を踏まえておく必要があります。

 

(1)比較対象にするのはシエンタと近いグレード
(2)オプション関連は、シエンタと近いものを選択する
(3)購入する前提でしっかり値引き交渉を行なう

 

これらのうち1つでも不備があると、シエンタの値引き交渉時に不利に働くおそれがあります。

 

シエンタの販売担当者に「おそらく、ライバル車を購入するつもりはないだろう」とあなたの本心が見透かされてしまった場合、シエンタの値引きは上記の額とは程遠い結果に終わってしまうかもしれません。

 

スムーズに交渉を進める意味でも、購入しない側の「ライバル車」の見積もり作成は丁寧に行いましょう。

 

 

なお、シエンタは「カローラ」「ネッツ」「トヨペット」「トヨタ」と、トヨタの4系列すべてが取り扱い対象となります。

 

複数の系列店で同時に見積もりを取り、シエンタ同士を競合させる方法でも大きな値引き額が期待できるので、お近くに店舗がある場合はぜひ試してみましょう。

 

 

◆実際に新型シエンタを購入された方の事例紹介

 

茨城県 38歳男性【2016年12月契約】
--------
ガソリンGの本体価格 1,980,327円
オプション 190,000円

 

本体値引き額 250,000円
オプション値引き額 33,000円
下取り(2011年式/シエンタダイス) 440,000円

 

諸経費等含めて
合計 1,589,647円
--------

 

 

兵庫県 47歳女性【2016年7月契約】
--------
ハイブリッドGの本体価格 2,329,855円
オプション 120,000円

 

本体値引き額 170,000円
オプション値引き 20,000円
下取り(2011年式セレナ) 570,000円

 

諸経費等含めて
合計 1,809,980円
--------

 

 

◆もっと安く買えないのか?新型シエンタ

 

 

先ほど紹介したのは、実際に購入された方の場合です。
しかし、あそこから更に安く購入された方も実はいらっしゃいます。

 

ではその金額差は…なんと、20万円〜30万円と言われています。
これだけ安くなれば家計は助かりますよね。

 

限界値引き金額よりさらに安く購入できるその方法、知りたくないですか?

 

売る側も商売をしているのですから、少しでも利益を得たいと思っているのは当たり前ですが、買う側となると安くなればなるほど得ですよね。

 

 

その方法とは、【下取り額】に秘密があるんです。

 

「値引きはこれが限界です」
このお決まりの言葉は結構どこのお店でも言われていますね。

 

でもそう言いながらも、実はどこかで調整をしているんです。
では、どこで調整するのか?それが「下取り額」です。

 

 

そこでやる事。
それは「車専門買取業者に下取り希望車の見積もりを取ってもらう」という事です。

 

出来るだけ多くの買い取り業者から査定をしてもらう事をおすすめします。
先ほど出てきた「多くの店舗で見積もりを取る事で競合させる」と言う事ですね。

 

こういう時に複数の買い取り業者にまとめて見積もりを取れるサイトがあります。
一度情報を入力するだけで、一括で見積もりが取れてとても便利なので利用しましょう。

 

複数業者一括見積もりサイトを使った、新車の値引きテクニックをまとめました。

 

→詳しくはこちらへ

【2017年】シエンタの値引きを最大限に引き出す方法とは・・・