【2018年】ヴェルファイアの値引きを最大限に引き出す交渉術とは

【2018年】ヴェルファイアの値引きを最大限に引き出す交渉術とは

◆安い金額でヴェルファイアを買うための方法とは

【2018年】ヴェルファイアの値引きを最大限に引き出す交渉術とは

引用:wikipedia

 

ヴェルファイアを安く買いたいと思っている人は、以下の内容をよくお読みください。

 

実際にこの情報を元に10万円以上もの値引きに成功したという事例もありますので、ぜひ確認してみてください。

 

ヴェルファイアを少しでも安く買いたいという人であれば、見逃せない情報となっています。

 

 

◆ヴェルファイアの値引額の相場、目標はいくら!?(

 

ヴェルファイアの値引額の目標:400,000円

 

現在販売されているヴェルファイアですが、現行の仕様は2018年1月にマイナーチェンジされています。

 

実際には上記の金額まで値引きをしてもらえる可能性がありますので、値引き交渉をするうえで参考としてみると良いでしょう。

 

また、オプションについては20〜30%ほどの値引きができます。

 

こちらも本体と共に値引き交渉を行うようにしましょう。

 

 

◆ヴェルファイアの値引きに最適な時期とは?

  • 1月〜3月の決算期
  • 6月〜7月のボーナス期
  • 8月〜9月の中間決算期
  • 12月のボーナス期

これらの期間であれば基本的に目標額までの値引きは可能です。

 

中でも値引き交渉をするうえで最適な時期といえるのが決算期です。

 

この時期はディーラーとしても最も売上が必要な時期であり、それはヴェルファイアのディーラーといえども例外ではありません。

 

従って、敢えて交渉をせずとも大幅な値引きを受けられる可能性が高く、ヴェルファイアを安く買いたいという人にとって最適な時期なのです。

 

もしもそれまでヴェルファイアの購入を待てるということであれば、この時期に購入を検討してみると良いでしょう。

 

 

◆ヴェルファイアを実際に値引きするための方法とは?

 

ヴェルファイアの値引き交渉には、ライバル車の見積を用意する方法がおすすめです。

 

ヴェルファイアのライバル車

  • トヨタ社製・「アルファード」
  • 日産自動車製・「エルグランド」
  • ホンダ社製・「オデッセイ」

これらのライバル車の中でも特にアルファードがおすすめです。

 

このアルファードは、ヴェルファイアとは兄弟車ともいえる車種であり、外観と価格を除けば性能的にもほとんど同じで車となっています。

 

差別化できるのは価格のみということで、大幅値引きが受けられる可能性が高くなります。

 

 

◆ヴェルファイアを購入した方々の例

 

福井県在住 33歳男性(2018年4月:契約)

 

・本体価格〈Z・Gエディション〉: ¥4,362,120
・オプション: ¥300,000

 

・本体値引額: ¥400,000
・オプション値引額: ¥100,000
・下取額(2010年式ヴォクシー): ¥380,000

 

・合計: ¥3,989,824(諸経費含む)

 

 

神奈川県在住 36歳男性(2018年2月:契約)

 

・本体価格〈Z・Aエディション〉: ¥3,905,280
・オプション: ¥460,000

 

・本体値引額: ¥200,000
・オプション値引額: ¥200,000
・下取額(2009年式オデッセイ): ¥300,000

 

・合計: ¥3,787,280(諸経費含む)

 

 

◆もっと安く購入する方法が!?知らずに損するかも!値引き交渉術のご紹介!!

 

 

上の例は本体値引やオプション値引も結構しているように感じますが、私が見ると「これより安く買えるのに。。。」と思います。

 

どの部分に値引の余地が残されているかお分かりになりますか?

 

注目してほしい部分、それは「下取額」なんです!

 

これ、下取額がかなり低く設定されています。
恐らくですが、まだ20万円程の値引が可能かと思います。

 

営業の方は値引を多くするため下取額を調整している事も考えられますが、実はディーラーの下取りはどうしても安くなる訳があるんです。

 

→ディーラーの下取額が安い訳と”値引額を大幅にアップさせる”方法はここから

【2018年】ヴェルファイアの値引きを最大限に引き出す交渉術とは